併用療法の内容|直腸がんを始めとするがんの治療は日進月歩【医療のいま】

併用療法の内容

病院

正常な細胞への影響を避ける

抗がん剤による治療でも放射線治療でも、併用療法が行なわれることがあります。この併用療法に免疫療法が使われることもあります。併用療法とは、一種類だけの治療ではなく、複数の治療法を用いて行なう施術なのです。抗がん剤で治療する際には、一種類の薬剤で行なうこともありますが、それでは副作用が強い場合は辛い治療になってしまいます。その強い副作用を避けたり、適切に治療したりできるように、免疫療法や複数の抗がん剤で併用療法を行なっていくのです。

免疫細胞を取り出して作る

現在は抗がん剤と免疫療法を併用しながら治療をすることが一般的です。抗がん剤はどんどん増殖していくタイプのがんを抑制する働きをしますが、その分正常な細胞にも影響をもたらすことが多いです。免疫療法は身体の免疫療法を高める働きをするため、体力をつけ、正常な細胞を守ることができるのです。ところで免疫細胞は通常身体の中にあるものですが、がんになっているときはその動きが弱まっています。その免疫細胞を取り出し、培養することでがん細胞を攻撃することができる免疫細胞を身体の中に増やすことができるため、抗がん剤治療よりも副作用がありません。

がん治療で辛かったことや免疫療法の効果

副作用が辛かったです

私は乳がんにかかり、今は完治しています。そのときに何が辛かったのかというと、抗がん剤の副作用ですね。抗がん剤を投与した後の一定時期に起こるのは覚悟していたのですが、苦しんでいる最中はいつこの苦しみが終わるのか分からず不安でした。

テレビで話題になっていた

胃がんの手術をした後に免疫療法のことを知りました。テレビで頻繁に情報が流れていたので、家族が教えてくれたんです。最初は半信半疑でしたが、体力をつけてがんを克服することができたので大満足です。今でも再発防止のために続けています。

あちこちに転移していました

私は免疫療法を受けているのですが、それは転移が多く、手術できない箇所もあったためです。がん細胞って小さくて手術ではどこにあるか分からなくて、手術では取り切れないことがあるんですよね。何度も転移の告知を受けて辛かったです。

実績がある病院をチョイス

がんの進行が進んでおり、その上転移も発見されたので、医師からは手術ができないと言われました。なんとかしたくて情報を集めてたら免疫療法のことを知ったんです。新しい治療方法とのことだったので、特に実績がある病院をチョイスしました。

広告募集中