情報を集め生活に役立てる

手

技術は高まっているが…

日本ではiPS細胞の研究も世界に先駆けて行なわれていますし、医療技術における信頼度が国際的にも高いため海外から日本に治療を受けに来る人も多くいます。
しかし、その一方でがん検診の受診率は50パーセント台に留まり、乳がんにおける死亡率は上がりつつあるのです。そのため、一般の人には高い医療技術が広まっていないといえます。

医師に頼るしかない

がんになる原因はよく分かっていないこともありますが、現在では肺がんになるのは喫煙や受動喫煙が原因、胃がんになるのはピロリ菌が原因、などと明らかになっている部分もかなりあります。また、辛い抗がん剤治療ではなく、免疫療法によって治療をすることができるなど、生活の質を高めるための医療技術も開発されているのです。こういった最新の療法や医療情報を知らずに見過ごしているのは、がんになる原因を作ってしまっているということにもなるので、普段から積極的にがんに対する理解を深めていくことが大事です。また、少しもでも体に異変を感じた場合は、すぐに病院へ行って診察してもらうようにしましょう。しかし、状況によっては、診察時間を過ぎてしまい病院で診察してもらえないということも考えられます。そのような場合は、夜間診療を利用するのがおすすめです。浦安には夜間診療を行なっている病院も多いので、探してみるとよいでしょう。

早期発見するためには知識を蓄える

がんに対する知識が一般的にも広まっていることから、「直腸がんや大腸がんは定期的に検診を受けていれば早期発見できる」と認識する人も増え、検診率が上がってきています。他にも症状にどんなものがあるのか知ることが、早期発見に繋がります。

がんの症状で多いものランキング

no.1

症状がない

なぜがんが怖いのかというと、ほとんどの場合自覚症状がなくステージが進んでしまうからです。悪性腫瘍によって臓器が侵食されているにも関わらず、末期になるまで気付かない人はよくいます。そのため定期検診が求められてくるのです。

no.2

皮膚にしこりが出る

悪性腫瘍は他の正常な細胞と違って、硬くなることが知られています。そのため、乳がん検診でも胸にしこりがないかどうかがチェックされます。乳がん以外にも、しこりとして現れやすいがんとしては甲状腺がんがあります。

no.3

閉塞症状

臓器を圧迫するまでに成長した悪性腫瘍は、臓器の動きを阻害することがあります。そのため、三番目に多いがんの症状としては下痢や便秘といった閉塞症状となっています。肝臓における閉塞症状は黄疸として現れることがあります。

no.4

出血

血液検査で潜血の症状があればがんの症状ではないかと疑われます。あらゆる臓器においてがんが発生した場合は出血という症状が出ることがあるので、これに注目するべきです。血尿や便に混じった血、貧血もがんにおける出血の症状です。

no.5

体重の減少

臓器が正常に働かない場合、栄養の吸収がうまくいかなくなってしまいます。そのためがんになるとほとんどの人が体重減少という事態に陥ってしまうのです。食生活の乱れはがん発症の原因にもなるので、体重が減少したときには注意です。

あらゆるがんのことについて知ろう

診察

受診率が40パーセント

自覚症状がないがんにおいては、早期発見するためにも定期的な検診が必要になってきます。その認識は一般的には向上してきていますが、乳がん検診においては受診率が未だに40パーセント未満になってしまっているという点が問題視されています。

READ MORE
ドクター

再発を防ぎ完治を目指す

肺がんになったらリンパ節に転移していることもあるため、再発することも少なくありません。その人の体力が落ちてしまうと再発した場合に外科手術や抗癌剤治療での治療も難しくなってきますので、免疫療法を使って治療が行なわれているケースもあります。

READ MORE
病院

併用療法の内容

第四のがん治療法として注目されている免疫療法ですが、今は抗がん剤治療や放射線療法との併用療法として扱われていることが多いです。樹状細胞療法やNK細胞療法などがありますが、手術ができないほど体力が落ちてしまった人には救世主ともいえる治療方法です。

READ MORE
医師

承認薬もある

直腸にがんができてしまうと便が細くなったり便に血が混じったりしてしまうという症状が発生しますが、40代以上の人は誰でもなる可能性があるので注意です。新しく承認されている抗がん剤もありますので、あらかじめチェックしておきましょう。

READ MORE

[PR]

京都の肛門科医院を利用しよう
定期検診を実施中♪ 埼玉にある泌尿器科を紹介!
最寄り駅から徒歩1分の好立地☆ 浦安で夜間診療を実施中♪
急な体調不良を即座に解消☆

[PR]

広告募集中